画像クリックで拡大!  
 例によってマーキングはお手製マスキングシート・・・
これ位がほぼ限界の大きさですかね?
付属デカールもそうですが、実機同様シリアルNoの上に帯とコードレターを塗ることにしました。

ちんまり黒に近いグレーを吹いて完了・・・カッティングマスクを剥がすと出来上がり。
 右のテープは位置出し用にマスキングテープで貼ったガイドです。
 楽勝ムード満点でしたが、気付いたらガイドの前後を間違えてました。
 良くある失敗なので気にしない・・・けど結構萎えました。
ホントはテープの尾翼側に合わせて貼らなきゃいけなかったです・・・(笑)
もちろん両側面とも間違えてます。

 正しい位置にスペアのマスクシートを貼って再度吹き付け・・・ペーパーでヤスッた後再度迷彩色を吹き付け。
 間違った方のナンバーが、色の境界にまたがっていなかったことがせめてもの救い・・・ですかね〜・・・

 なんとか、ここまで来ました。
スカイは相当白っぽいです。
ラウンデルに白線が入ればちゃんとスカイに見えるはずですが、この状態だとまっ白に見えてちょっと不安・・・もうちょい緑がかっても良かったかな?と思います。
 ラウンデルをマスキングして吹き終わった状態です。
私は全ての塗装を0.3mmのエアブラシで塗るので(それしか持ってない)マスキングは9mm幅で充分です。

 ・・・で無事にマスクを剥がした状態です。 今回は銀下地ではないので塗膜の剥離は有りませんでした。もちろん良く触る場所(胴体側面とか翼の付け根)は、塗る前にエナメルシンナーで拭いたりはしましたけど・・・
 やっぱスカイは白すぎかな?
色彩のバランスは色々と難しいですね。

 こういう部分が塗装の強みでしょうか?デカールだと馴染ませてるうちに真円が狂ったりしないのでしょうかね? この状態だと塗り分け部の境界が多少ギザついてますが、あとで軽く綿棒+エナメルシンナーで磨き、半ツヤのクリアを吹けばほとんど気にならなくなります。  まあ、デカール印刷のキレと比べたら多少落ちますけど・・・ デカールの方が優れている点も沢山ありますが、自分としては失敗してもやり直しが効くと言うことと、好きな色が使え、クリアで割れたりシルバリングしたりしないという点でこの方法にこだわっていきたいと思います。
 で、これが大ちょんぼの証拠写真です。 胴体左右でラウンデルの位置がずれちゃいました。 実機の方は、よ〜く見るとコードレターの字間が左右面で微妙に違っているんですね。 最初にラウンデルを塗装してしまえばなんとか調整可能だったと思いますが、もはややり直す気力無し・・・(笑) まあ、今後につなげる?意味でも今回は良い勉強をしました。 手描きマーキングは「失敗してもやり直しが効く」のですが、その前に「根性次第で」という文句が必要なようです。
 スケビ?か何かで読みましたが、ペラと機首の接する部分にはB〜2B程度の柔らかい鉛筆を塗ると驚くほどスムーズに回るようになります。 初めてやってみたけど効果絶大でした。
 鼻息で回るほど軽いので、こんな風にデジカメ構えて軽く息を吹きかけるだけでペラが回りま〜す。 カッチョエ〜!

・・・なんて遊んでないで早く残りの塗装しなきゃ。

その6へ続く