画像クリックで拡大!  
 キャノピー回りの段差修正のためポリパテ盛りました。 回りをマスキングしてから盛りつけると、モールドの被害も最小限になり削るのも楽です。
プラバンを貼った部分はあらかじめ余分な部分を胴体の曲面に合わせ、カッターで削ぐように切り落としてあります。
 今になってシートベルトくらい作っとけば良かったと後悔・・・れれ?おかしいな。努めて忘れよう・・・
 気分転換にあちこちの薄々攻撃・・・やってると止められなくなりますが程々にしないと欠けたり曲がったり大変ですね。
このキットは昔のハセガワっぽく、プラが固めなので薄々しやすいと思います。
 ついでに脚扉も薄々しようと思いましたが、キットのパーツじゃ削るのも疲れるし、薄さにも限度があるのでおなじみのアルミ缶+極薄プラ板で作り直しました。
 焼きなましたアルミ缶の下にキットのパーツを下に敷き、先の丸いペンキャップ等で強くこすると形が写し取れます。翼下面の結構微妙なカーブなんかもまあまあ忠実に型取れます。
これをフロッタージュって言う写し絵の要領ですね( ちょっと違う気もするけど)。

 うまく形が取れたら裏返してエッジの部分に軽くカッターの刃を入れ、やはり頂点から外側に切れ込みを入れた後で、左右に軽く曲げて切り離します。
右にあるのは形を擦りだすのに使ったハブラシの柄です。
インレタの圧着棒?なんかも良いかもしれませんね。

 キットの脚扉はほぼピッタリ翼下面に納まりますが、自作の方は少し隙間が空きますね。 可動にするわけじゃないし、取りあえず薄けりゃ問題無い!ってコトで続行します。裏側に一回り小さく切ったプラ板を貼り付けておきます。しかし適当なのでパーツの精度が出てないですね・・・(笑)
 プロペラの基部を後ハメ式にしたのでその処理をします。
プラ板なんかで埋めてセンター出して穴開けてパイプ埋め込みってのも良いですが、芯を出すのが大変そうなので回りを少し大きめに切り欠いてしまいます。
 そしてスピナ側(こちらは真円なのでセンター出しはまあ容易です)の中心に0.8mmの真鍮線を接着。
ちょうど良い太さの真鍮パイプに嵌めて回してみて、スムーズに回るよう、微妙に曲げながら軸の垂直も出しておきます。
準備ができたら真鍮パイプにエポキシパテを巻き付けて機首に仮固定し、スピナを嵌めて機首のラインを見ながらパイプの位置を調節、そのままスピナを抜き取って硬化させれば、軽く回るペラ機構の完成です。

その4へ続く